捗らないresultの清書

備忘録なら、清書もへったくれも無いだろうに。

しかし、それなりに直さないと、見直す時に疲れる。

Tour de Franceの後だったのが悪かったのか、8月初めにあったDeutschland Tourのresultは、(要)清書なのである。

Tickerは、書き留めておかないと。場合によっては、年毎のアーカイブにも残らない。

ふと、思い出した。
DauphineのDirectは、どうなっていたやら・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとまず・・・

ludus~のTour d'Ain 2006を公開に切り替えた。

気が抜けているから、すんなり終わらない。


ぼーっと巡っていたら、Cyclo-CrossのCoupe de Monde 4e Manche(イタリア・トレビーゾ)で、Française des JeuxのFrancis Moureyが勝ったとニュースが流れた。

フランスのサイクルメディアサイトでは、Moureyに期待をかけていたから、この後のサイト更新を待ちたいところ。


さて、Deutschland-Tourの結果も切り替えないと・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

26日深夜の事ですが

何気なくTVのチャンネルをコロコロと変えていたら
WEB版でよく見ている欧州スポーツ紙がTV画面に...
MARCA、AS、L'EQUIPE、GAZZETTA...

何故?と思ってみていたら、cocologでblogを書かれているFlorent Dabadieさんが、
各地の記事を紹介されてました。
確か、polyglotでいらっしゃいましたものね、Dabadieさん。

ただ、初めて見たので、?????となって、blogを拝読させていただきました。
そっかー、そうだったのか...と謎(というほどでもないけど)が解けました。
下半期に入ってからのコーナーだったのですね。(^^)

英語も心許ない私が、彼方此方の言語に手を出すきっかけとなった数人のうちのお一人です。
他の方を書いていいのかどうか!?...ですが、

The Road of the Rings でお馴染みのViggo Mortensen
英語は勿論ですが、デンマーク語、スペイン語、フランス語...あともう1言語あるようですが、分からないです。

Pro CyclistのFabian Cancellara(Swi)、Tom Boonen(Bel)
Tour de Franceでの優勝interviewで聞いた言語は、
Cancellaraはドイツ語、イタリア語(表彰後の記者会見ではフランス語)、
Boonenはフラマン語、フランス語、英語(interview中に言語が次々変わるのって聞き取る方も大変そう...でも、Belgianには当り前だそうで)。[フラマン語:在日ベルギー大使館のサイトでは、蘭語とも表示されているので、オランダ語とあまり変わらないみたいです。]

そうそう、Credit Suiss Sports Awards 2004に、Cancellaraがノミネートされているんです。
スイスのRoad TimeTrialチャンピオンでもあるのですが、Tour de France 2004のプロローグで優勝、maillot jauneを獲得しましたものね。
発表は、12月5日(日本時間では、6日未明かな)。
気になっちゃって、しょうがないっ!(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)